海外レンタカーの借り方・返し方

レンタカー事務所へ

 目的地の空港へ到着し、入国手続きや荷物の受け取りが済んだ後、いよいよレンタカーを借りる手続きをします。ここで、レンタカーは、既に予約が済んでいることが前提です。レンタカーの予約に関しては、"自分で作る海外旅行"を参考にしてください。レンタカーを借りる手続きは、空港構内もしくは近くにあるレンタカー事務所で行います。まずはレンタカー事務所へ移動しましょう。通常、空港には複数のレンタカー会社が事務所を構えています。レンタカー事務所はまとまった場所にあり、場合によっては利用者の利便性を考慮に入れ、同じフロアにレンタカー会社毎にカウンターが並んでいるような空港もあります。また、空港構内に事務所がなく、空港の近くにある事務所へバス(Rental Car Shuttle)で移動する場合もあります。移動に使用するシャトルは、レンタカー会社が共同運航している場合や、各レンタカー会社が個別にシャトルを走らせている場合もあります。


Rentacar Shuttle

カウンタ手続き

 レンタカー事務所に到着後、受付を待つ列に並びます。カウンタが複数あっても列は一列で、先頭の方が空いたカウンターで手続きをしてもらう形態ですのでお間違いなく。自分の順番になったら、カウンタで予約内容を示す情報を提示します。当サイト イチオシのRentalcars.comで予約した場合には、予約確認メールのコピーか予約番号を提示すればOKです。この他必要なものは、(日本の)運転免許証、国際免許証もしくはレンタカー会社の作成した免許証英語コピー、クレジットカードです。いくら事前に国内で料金を支払い済みであっても、フルの保険に入っていても、万が一の場合のデポジットとしてクレジットカードの提示は必ず求められます。日本でパック料金を支払い済みの場合で、チャイルドシートやナビ等を借りる場合、また運転者の追加登録を行う場合はここで申告してください。手続きが完了すると、借用に関する契約書と書類を渡され、車がおいてある場所を案内してくれます。ここで渡される書類は、レンタカー返却まで必要ですから、絶対に無くさないようにしてください。


Rentacar Office

乗車

 車の受け取りですが、既に受付カウンタで車を指定される場合と、予約したクラスの車の中から自由に車を選べる場合があります。後者は最近増えている方法で、同じ車格でもいろいろなメーカやグレードの車があるので、借りる側にはありがたい方法です。既にカギを渡されている場合、指定された番号の駐車スペースに停まっている車に乗り込んでください。自身で車を選ぶ場合、キーは車についています。車を決めたら乗り込んでください。チャイルドシートを借りている場合、しっかりと取り付けてお子様を乗せてください。運転席と助手席は当然ですが、後部座席でもシートベルトの着用が義務付けられていますので忘れずにベルトを締めてください。


Rentacar Parking

出発

 場内の案内に従って、EXIT(出口)へ向かってください。場内は道路と違ってセンターラインがないので、とっさの時に左側通行になることがあります。右側通行にはくれぐれも気をつけて進んでください。レンタカー駐車場から場外へ出るためには、レンタカー会社のゲートのチェックを受けます。手続きカウンターで渡された書類を、ゲートにいる係員に渡してチェックしてもらいます。チェックされるのは、乗っている車が指定された車かどうかです。手続きカウンターでキーを渡された場合、間違った車に乗るケースはほとんどありませんが自ら車を選ぶ場合、違うクラスの車に乗っていたなんていうこともあり得ますのでご注意ください。ゲートを出ればいよいよ公道です。くれぐれも安全運転で。


交通規則

 アメリカでの運転の仕方は、レンタカー虎の巻をご参照ください。