アメリカドライブ・レンタカーマニュアル

格安海外旅行の必需品であるアメリカのレンタカーを乗りこなす方法を説明 ~ その1

アメリカドライブ

 アメリカでは、その国土の広さの影響もあってか、移動手段としての車の使用が日本などに比べてかなり一般的です。国土に網の目のように張り巡らされたフリーウェイシステムも確立されており、長距離移動も容易に行うことができます。ビジネスユースや一般の旅行者も、飛行機で移動して移動先でレンタカーを借りるのが一般的で、空港には必ず数社のレンタカー会社が事務所を構えています。Vacation Rental(バケーションレンタル)は、一般的に観光地や郊外に立地していることが多いため、空港からの移動はどうしても車に頼らざるを得ません。宿泊先がダウンタウンで、到着後は公共の交通手段で観光するには困らないという場合であれば、空港から宿泊地への移動はタクシーやシャトルサービスを使えばよいのですが、郊外や観光地となればそうもいきません。自由に旅を楽しむのであれば、レンタカーの使用が必須です。

 このサイトを閲覧している方は、アメリカ国内でのレンタカー使用など、想像もつかない方がほとんどなのではないでしょうか。でも実際には想像しているほど難しくはないのです。やり方ルールをしっかり理解すれば、運転はさほど難しくはありません。アメリカの人々の運転は大変ジェントルです。日本の運転免許証を所持している人であれば、まったく問題なく運転ができます。

 本サイトで推奨している旅のスタイルは、アメリカ国内であればレンタカー使用が大きなカギです。まずは自信を持ってトライすることをお勧めします。


America Drive

アメリカドライブ


国際免許証

 通常、ビザなしの渡米の場合、国際免許証があれば日本の免許証で運転ができます。国際免許証は、有効期限が一年であり、各都道府県警察署の運転免許課や住民票所在地にある運転免許センター、運転免許試験場などで取得できます。ここでご注意いただきたいのは、国際免許証はあくまでもご自身の免許証の英語訳のコピーであり、これだけ持っていても運転はできないのです。あくまでも有効なのは日本語で書かれたあなたの運転免許証であり、国際免許証は免許証であって免許証ではないと言うことです。従って、国際免許証なしで海外で運転すること自体は違法ではありません。要するに、現地のレンタカー会社や(場合によっては警察官)の便宜を図り、トラブルを防止することが目的です。実際、ハワイでは日本の免許証だけでレンタカーを借りることができますし、特定のレンタカー会社では、会社の認める免許証英訳を国際免許証より安価に行っているケースもあります。国際免許証の発行は、渡航先にもよりますが、事前にお選びになったレンタカー会社に確認をして決めてください。但し、日本の免許証を持参することを絶対に忘れないでくださいね。


レンタカーの借り方・返し方

 レンタカーの借り方・返し方を参照してください。


レンタカーの保険

 訴訟大国であるアメリカにおいて、保険なしでの運転はあまりにも無謀です。不慣れな場所での運転でもあるわけですから、必ずレンタカーを借りる際には保険にお入りください。レンタカー運転における保険は、レンタカー会社で加入します。旅行自体の事故や怪我をカバーする、旅行前に加入する一般の旅行保険やクレジットカードに付帯する保険では、補償がなかったり補償額が小さかったりして使えないケースがほとんどですので、必ずレンタカー会社で加入してください。

 加入額はどの程度が良いかと言えば、これはあなた自身の判断ですが、対人・対物(LIもしくはSLI)は無制限もしくは最高額の設定が必要と思います。また、車両保険である(LDWもしくはCDW)も加入が必要でしょう。搭乗者保険のPAIや所持物盗難保険のPEP、もらい事故時の傷害保険であるUMPなど、必要に応じて加入してください。尚、保険加入の際、補償金額は必ず確認してください。レンタカー会社や扱う商品によっては、LIは最低額の加入として見かけの料金を安くしているケースもあります。この場合、補償額を上げるのにオプションを付帯する必要があります。


フリーウェイシステム

 アメリカの高速道路は基本的には無料です。有料なのは高速道路の一部の橋などの区間や、ごくまれに道路自体が完全に有料の道路があります。(フリーウェイとは、料金が無料と言う意味ではなく、信号や一時停止がない道路、すなわち高速道路という意味です)フリーウェイはその規模順に、インターステートと呼ばれる州横断道路、インターステートに続く大きさの国道、州内の州道があります。これらのフリーウェイはアメリカ国内を縦横に走っており、車を使ってあらゆる場所への移動が可能であるシステムが構築されています。

 これらのフリーウェイには番号がついています。偶数番号はアメリカの東西を横断する高速道路を示し、番号は西から東へと大きくなります。西海岸の高速道路は8や10のように比較的小さな数字ですが、東海岸では90など大きな数字になります。また、奇数番号はアメリカを南北に縦断するフリーウェイを示しており、番号は南から北へと大きくなっています。

 フリーウェイに乗る際、当然ながら目的地へ向かう方向へ乗る必要があります。日本では上りか下りというのでしょうが、アメリカではNorth-South、West-Eastのいずれかで方向を示しています。これは、そのフリーウェイの始点と終点が、南北、東西のどちらに位置するのかによって決められます。フリーウェイはまっすぐの直線道路ではなく、場所によっては曲がりくねっている場合もあるため、乗り口がNorthだからと言ってその時点でフリーウェイが北を向いているわけではありません。あくまでも向かう先がどちらにあるかを示しています。困ったことに、フリーウェイの乗り口では、North-South、West-Eastのいずれかの方向しか書いていない場合がありますので、必ずフリーウェイのどちらの方向へ乗るのかを事前に確認しておくべきです。

 それでもフリーウェイの入口を間違えた場合、慌てる必要はありません。次の出口で降りて、また同じフリーウェイの逆方面へ乗って戻ってください。フリーウェイ出口は、大抵はフリーウェイを立体的に横断する道路が接続されており、逆方面へ乗り換えることができるようになっています。


Freeway

 上図は一般的なフリーウェイの入口と出口の図です。FREEWAY ENTRANCE(フリーウェイ入口)からフリーウェイに乗るわけですが、乗った車線をそのまま走っていくと、次の出口に出てしまいます。次の出口に着くまでに、本線へ車線変更しましょう。このように、一番右の車線を入口・出口用に使用しているケースが多くあり、日本の高速道路のように加速車線をがんばって加速して合流しなくとも良いようになっています。但しこの形態は、全ての入口・出口に当てはまりません。途中で車線が減少している場合もありますし、日本の高速道路のように加速車線が用意されているケースもあります。


右側通行・左ハンドル

 なんといってもこれが、もっとも取っ付きにくい障壁になっているのではないのでしょうか。反対側を走ってしまったらどうしようというのがもっとも大きな心配事だと思います。この解決策は・・・・慣れるしかありません。

 でも冷静に考えてみれば、そう難しいことでもないことが良くわかります。通常、車がそれなりに流れていれば、その流れに乗るために、右側通行と左側通行を間違えるわけはありません。道路に出てしまえば、まさか突然道路の反対側を走り出すこともないでしょう。通常走る際に問題となるのは交差点で曲がるときです。日本は右折は反対車線を横切りますが、アメリカでは左折で反対車線を横切ります。曲がって道路を横切るのはいいのですが、問題は曲がった先の道路が反対車線じゃないようにすることです。でもこれは、落ち着いて対応すれば絶対に間違えません。前に車がいればついていけばいいわけですし、自分が先頭の場合は頭でしっかりイメージして曲がれば大丈夫です。コツは、車の中で自分の座っている側が道路のセンターライン側だとイメージすることです。

 この他、意外と間違えやすいのが、路肩側の駐車場から道路へ出る時と、駐車場等の道路以外でセンターラインがない場所を走る場合です。左側通行をしないように。万が一、左側通行してしまったときは、慌てて左へハンドルを切って逃げないように。右へ切って逃げなければ、逃げたつもりが相手と正面衝突になってしまいます。

  • 交差点の左折時に曲がった先の道路の右側に入ること
  • 左折時、自分は道路のセンターライン寄りにいるのだと思えばイメージしやすい
  • 駐車場など路肩から道路に出る時、左側通行しないこと
  • スーパーマーケットの駐車場など、センターラインがないところで左側通行しないこと
  • 緊急時、路肩へ出るよう右側へハンドルを切る(日本人はとっさの時に左へ切ってしまう)